万が一、代表印をなくしたら…

イメージ画像

代表印を紛失、あるいは盗難に遭ってしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか。
まず第一に、なくした代表印の効力を失わせなければなりません。
ただちに登録した法務局に届け出て、なくした代表印の印鑑証明書の交付を受けられなくなるようにします。
これは印鑑証明書を不正に悪用されないようにするためです。

次に改印届を提出し、なくした代表印を実印として使用できなくなるようにします。
改印届を申請する際に必要なものは、新たに登録する代表印、代理人が申請をする場合は登録する本人からの委任状と代理人の本人確認ができるもの、登録する本人確認ができるもののコピー、再登録手数料です。
このとき、新たに登録する代表印の書体は、なくした代表印の書体と一目で違いが分かるものにしたほうが安全です。
改印届を申請して無事に受理されるとひとまず安心ですが、受理される前に代表印を悪用されている場合もあるかもしれないので、所轄の警察署にも紛失届や盗難届を提出しましょう。

さらに紛失届出証明書や盗難届出証明書なども出してもらうと良いです。
また、会社の関係先や取引先にも改印した旨を報告し、会社名義の取引として偽造されるのを防がなければなりません。
このように代表印を紛失したり盗難されたりすると、多大な手間と労力がかかるので、代表印の保管・管理には十分気を遣う必要があります。
また、保管の際には代表印と重要書類は別の場所にしまうということも大事です。

このページの先頭へ