最高級印材、象牙について

イメージ画像

印鑑の材質にはいくつかの種類があります。
中でも、印材の王様と呼ばれ、他の印材の追随を許さない最高級の材質のものが象牙です。
代表印を象牙で作りたいとこだわる方も多いと思います。
そこで、象牙について知っておいていただきたいことをちょっと書いてみたいと思います。

象牙と一口に言っても、象牙の部位によって品質のランク付けがされています。
象牙の先端に行くほど、中心の芯に近い部位に位置するほど貴重なものとみなされて高い価値がつきます。
象牙の性質としては、材質が硬すぎず柔らかすぎず、密度が高いので切ったり削ったりという加工がしやすく、適度な弾力と吸湿性があるので手になじみやすいというのが特徴です。
また、朱肉のなじみも非常に良く、捺印性と耐久性も大変優れていることから、古くから印材として利用されてきました。

しかし、象牙は読んで字のごとく象の牙のことであり、人間でいうところの切歯にあたる門歯が長く発達したものです。
象が餌を採るときに鼻とともに重要な役割を果たすとされている門歯であり、象が通常の生活を送る上でなくてはならないものです。
象牙を採るために象をみだりに捕獲するということは、動物愛護の面からも倫理的な面からも許されない行為であるとして、
ワシントン条約の締結により1989年から象牙貿易が禁止されることになりました。
そのため、現在日本では、条約締結前や監視体制がしっかりとられているとして一時的に解禁された際に輸入した象牙が加工されています。

このように象牙は大変貴重で希少価値が高いため、近年では象牙に代わる印材として人工の象牙が作られています。
質感も本物の象牙とほとんど変わらないということなので、象牙にこだわりたいけれど高級すぎて…と躊躇している方には安価に手に入れられる人工象牙もおすすめです。

家紋の印鑑
http://www.conmottmac.com/

このページの先頭へ